第2回大会 開催のお知らせ(2021年12月11日)

EVENTS NEWS

第2回大会(2021年12月11日[土] 開催)について

1.主催 日本シティズンシップ教育学会(JACED)

共催 東海大学教養学部/逗子フェアトレードタウンの会

2.会場 神奈川県逗子市 逗子文化プラザ 市民交流センター・さざなみホール

[Zoomによるオンラインを含むハイブリッド形式]

公開シンポジウムは対面とオンラインでの併用で開催予定です。なお、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、ご参加いただける地域や人数を制限する場合がございます。

3.期日 2021年12月11日(土)9:30~18:20 (19:40~20:10:情報交換会)

4.日程

9:00~10:00 受付

9:30~13:00 個人研究発表、ポスター発表

13:40~15:40 公開シンポジウム

15:45~17:15 課題研究

17:20~18:20 会員総会

18:40~20:10 情報交換会

5.テーマ「持続可能な社会の担い手を育むシティズンシップ教育-今考えたい「公共」とは?」

企画趣旨

グローバル化の進捗する現代社会において、平和で持続可能な未来に向けた多文化共生が重要な課題としてクローズアップされています。シティズンシップ教育は、多文化共生社会の構築にどのように貢献しうるでしょうか。またシティズンシップ教育を語る上で、そもそも多文化共生の何を問題にしなければならないのでしょうか。さらに価値観の違いに起因する国際対立が尖鋭化する世界において、西欧的な民主主義理念とそれに依拠するシティズンシップ概念は果たして本当に普遍的なのか、それとも市民性のあり方自体に文化的多様性が認められるべきなのか、といった課題も問われなければなりません。日本シティズンシップ教育学会の企画する第2回研究集会では、シティズンシップ教育と多文化共生をめぐるこうした諸問題について、学校教育、市民活動、NPO、国際機関という多様なフィールドをもつ気鋭の専門家が集い、討議します。現代社会におけるシティズンシップ教育の存在意義を問う多層的な議論の展開が期待されますので、皆さまぜひ奮ってご参加下さい。

公開シンポジウム

基調講演

テーマ1:「シティズンシップ教育と「公共」~公共哲学から考える市民社会~公私二元論社会の 日本の限界」

長坂寿久(逗子フェアトレードタウンの会 共同代表/元拓殖大学)

テーマ2:「繊維産業からみたSDGsとフェアトレードの課題~シティズンシップ教育に期待すること」

稲垣貢哉(テキスタイルエクスチェンジアジア地域アンバサダー/一般社団法人NGO M.S.I.)

パネルディスカッション:SDGsとフェアトレードのシティズンシップ教育(仮題)

パネリスト:

磯野昌子(逗子フェアトレードタウンの会 共同代表/明治学院大学ボラティアセンター)

稲垣貢哉(テキスタイルエクスチェンジアジア地域アンバサダー/一般社団法人NGO M.S.I.)

長坂寿久(逗子フェアトレードタウンの会 共同代表/元拓殖大学)

水山光春(日本シティズンシップ教育学会会長/京都橘大学教授)

他(NPO・企業・学校関係者の登壇で現在調整中)

(五十音順)

司会:岩本泰(東海大学教授)

6.個人研究発表・ポスター発表について

(1) 個人研究発表

•研究発表の時間は、1件20分(発表15分、質疑応答5分)です。

•オンライン会議システム(Zoom)を用いてご発表いただきます。

(2) ポスター発表

•作成いただいたポスターは事前にPDFファイルを作成、ご提出いただき、期間中指定されたエリアで掲示していただきます(掲示サイズは、A2サイズ1枚)。

•オンラインでも閲覧(質疑対応は不可)できる特設ページを作成する予定です。

(3) 留意点

•発表者は日本シティズンシップ教育学会の正会員(一般・学生)で、2021年度会費(2021年10月~2022年9月)を納入済みでなければなりません。

•口頭発表とポスター発表は 1人1件に限り、重複発表はできません。

※参加申込方法、発表申込方法、各種申込期限、発表要旨提出期限については、決定次第ご案内します。

7.問い合わせ先

・日本シティズンシップ教育学会第2回研究大会(逗子/東海大学教養学部)実行委員会事務局

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4 丁目1-1

東海大学教養学部人間環境学科 岩本泰研究室 気付

E-mail: jaced2zushi〇gmail.com(〇を@に変えて送信)

※お問合せ・ご連絡はメールでお願いいたします